【福島 vs 藤枝】思い出の地、Jヴィレッジで左サイドから果敢にゴールに向かう星広太。

2019年8月9日(金)


ここ4試合負け無し。松田岳夫監督の標榜するショートパスをつないで相手を崩していくサッカーが浸透し始めた福島。好調のチームを引っ張るのは、左サイドのテクニシャンMF星広太(写真)だ。

前節沼津戦は左サイドバックで出場。「サイドバックだと前を向いてフリーでボールを受けられるので、自分が(攻撃で)違いを出すことを意識しています」と語る通り、左サイドの位置からゲームメイクに関わり、ゴールも狙って行った。その結果決勝点となる3点目のゴールにつながった。「結果的に自分が決められましたが、チーム全員で戦った結果なので、勝てて嬉しく思います」と勝利を喜んだ。試合前は「もっと積極的にボールに絡み、ゴール前に顔を出せれば自分もチームも結果がついてくると思います」と語っていたが、その成果がゴールという形で自身の結果につながり、チームの勝利という結果にもつながったのだ。

チームの調子が上がると同時に、ゴールに絡むプレーが増え、自身の調子も上げてきている星だが、まだまだ満足していない。「全員がハードワークして同じ方向を向いて戦えているのが結果につながっています。まだまだ質は高められますし、監督も求めているので、もっと質を高めていきたいと思います」と攻撃の質を上げようと意気込んでいる。

今節藤枝戦はJヴィレッジスタジアムでの開催となる。「中高の全国大会(日本クラブユースサッカー選手権大会)がJヴィレッジであったので、そこで試合をできて嬉しい」と振り返る星。双子の弟、大分DF星雄次と共に横浜F・マリノスジュニアユース、ユースで全国大会を戦った場所だ。「数少ないJヴィレッジでの試合なので、チーム全員で勝てるように頑張る」と語る星。思い出の地で左サイドを切り裂き、2試合連続ゴールを目指す。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第20節
8月10日(土)16:00KO Jスタ
福島ユナイテッドFC vs 藤枝MYFC
Jヴィレッジスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.0)
アクセス (3.0)
イベント充実 (2.0)
グルメ (2.0)
アウェイお楽しみ (1.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報