【福島 vs 岩手】負けられない東北勢対決に向けて、静かに燃える橋本拓門

2019年9月28日(土)


一時期はFWから右サイドバックまでさまざまなポジションをこなすマルチロールとして活躍した福島の背番号10橋本拓門(写真)。今シーズンはボランチでほぼ固定され、ボールを落ち着かせて、決定機を演出するパス出しを行う攻守の要としてプレーしている。

現在、ダブルボランチでコンビを組んでいるのは、FWからコンバートされた樋口寛規。「ヒグ(樋口寛規)が少し前目でやれる時はチームが上手く回っていると思いますので、後ろでプレーさせずに、前でプレーさせることを自分ができれば良いと思います」と、元々攻撃的なポジションだった樋口をできるだけゴールに近い位置へ押し出すことを心掛けている。「人に対して強いので、頼りにしていますので、そうした部分をどんどん出してもらえればと思います」と樋口への信頼を語る。2人のコンビネーションが合ってきた夏以降は、チームの状態も安定してきている。

今節は東北社会人リーグ時代からのライバルチームである岩手との対戦。古くからのライバルということもあり、「岩手は昔からのライバルチームなので、サポーターの方からも勝って欲しいという声をよく聞きます」とサポーターの対抗意識を、しっかりと感じ取っている。「他のチームと対戦するよりも勝つ気持ちを出さないといけません」と普段物静かな橋本も、静かに燃えている。

8月の対戦ではほぼ一方的な岩手ペースで0-2と敗れた。「前回対戦では何もできずに終わってしまいました。負けられない相手ですし、自分たちのやりたいことを前回やらせた分、やり返し、圧倒できれば良いと思います」と前回の敗戦の悔しさを晴らそうと強い決意を語る。福島らしいパスワークを見せて圧倒するには、橋本のゲームメイクは不可欠だ。

文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第24節
9月29日(日)13:00KO Jスタ
福島ユナイテッドFC vs いわてグルージャ盛岡
Jヴィレッジスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.0)
アクセス (3.0)
イベント充実 (2.0)
グルメ (2.0)
アウェイお楽しみ (1.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報