【松本 vs 湘南】最後はホームで白星を。安東輝、今季最終節への思い

2019年12月6日(金)


J1残留そして定着という目標を掲げた今季の松本だったが、突き付けられたのは厳しい現実だった。自らの力で生き残りの可能性を手繰り寄せるべく、決意と覚悟を秘めてアウェイへと乗り込んだ前節・G大阪戦に敗れ、他会場の結果によりJ2降格が確定した。

「相手の技術の高さもそうだし、毎試合ごとのプレッシャーも違うけど、もっと心に余裕がないといけなかった。もちろん自分たちはチャレンジャーの立場だけど、J2ではもっとどっしり構えてプレーできていた。やはり勝負事なので、相手を負かすという気持ちも大事だと思いました」

そう2019シーズンを振り返るのは安東輝だ。「試合に直接からんで、勝利に貢献できなかった自分の実力不足を感じた」と個人についても厳しい総括をするが、今季は厳しいチーム内競争にさらされる中で終盤戦を迎えてから出場機会を増やすなど存在感を示したのも事実。先のG大阪戦でも途中出場して、ピッチ上で試合終了の笛の音を聴いた。

チームとして大勢は決した。それでもチームを熱心に支えてきたファン、サポーターのためにも、ホームゲームが問題なく開催されるように尽力してきたボランティアや各関係者のためにも、この試合を『消化試合』にしてはならない。2019シーズン最終節となる今節、松本は本拠地のサンプロアルウィンで湘南と対戦する。

「今季は残念な結果になりましたが、それでも良いプレーを見てもらうのが自分たちの仕事。湘南戦では勝つために躍動して、見ていて気持ちのいいサッカーをしたい。ホームで長らく勝ち試合を見せられていないので、縮こまらずに良い時の自分たちを見てもらいたいです」

半年以上、離れていたホームでの勝利を果たす最後のチャンス。個人的にも期する思いは強い。

「僕自身、今季というか松本に来て何もピッチ内で示せていないと思っています。もちろんチームの勝利のために戦うことが最優先ですけど、僕というプレーヤーを表現できればと思います。自分に求められていることをやりつつ、そのご褒美で(ゴールやアシストなどの)数字が出れば嬉しいなという気持ちで、チャンスを貰えれば全力で頑張ります」

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J1リーグ 第34節
12月7日(土)14:00KO サンアル
松本山雅FC vs 湘南ベルマーレ
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報