【岐阜 vs 今治】新10番・川西翔太 最後に笑うのは俺たちだ!

2020年6月26日(金)


大分トリニータからのレンタル期間を1年間延長し、岐阜残留を決めた川西翔太。初めてJ3を戦うチームからエースの証である背番号「10」を託された。
 
「10番はすごく重い番号だと思う。恥ずかしいプレーはできないですね」
 
真剣な面持ちでそう話した川西。オンラインのインタビューからでも今年に懸ける思いがひしひしと伝わってきた。
 
20日に行われた練習試合。J1の名古屋を相手に途中交代でピッチに立った川西は、出てくるといきなり圧倒的な存在感を放った。個の技術としてはJ1の選手にも一歩も引けを取っていない。ボールは自然と川西のところに集まり始め、2本目の終了間際には相手DF裏に抜け出しシュート。決定的な場面だったがGKの好セーブに遭い決めきれなかった。
 
「1本のチャンスを決めきるのが仕事だったのに」と試合後、川西は悔しがった。それもそうだろう。そのプレーの直後に岐阜はPKを与え、その唯一の失点で試合は敗れた。決めていればJ1チームに勝利という最高の形でシーズンを迎えられたかもしれない。
 
ただ、チームの雰囲気は良くなった。川西は「去年もいいメンバーが揃っていた。それをどうチームとして表現していくか。去年はたまたま悪くなってしまったが、チームがひとつになれば1年でJ2に復帰できる」と確信している。先発で使われるか、名古屋戦のように途中で流れを変える役割になるのか。いずれにしても川西は、出れば主役として輝ける。
 
「開幕がすべてじゃないけどスタートダッシュは大事。最後に笑えるように日々努力したい」チームの顔としてピッチに君臨する新10番に注目だ。


文:斎藤孝一(岐阜担当)


明治安田生命J3リーグ 第1節
6月27日(土)18:00KO 長良川
FC岐阜 vs FC今治
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集