【栃木 vs 東京V】明本考浩、憧れの“聖地”で狙うは初ゴール&初勝利!

2020年7月4日(土)


4カ月ぶりのリーグ戦となった前節山形戦はチームとともに消化不良が残るゲームとなった。

「ボールを持つ山形に対して、自分たちが引き気味になってしまい、プレスでボールをハメに行くことができなかった。後ろからクリアするプレーも増えてしまい、そこで1本、2本と繋げれば自分たちのペースを握り返すことができたはずです」

開幕節、2節と右サイドでレギュラーをがっちりと掴む明本考浩は、大卒ルーキーながら、もうチームを牽引しなくてはいけない一人だ。今週のチームは守備の修正に時間を割いたが、その中で、明本も周りと細部を話し合いながら、雰囲気を盛り上げようとする姿があった。

「前節に向かっていくみんなの気持ちは一つだったし、絶対に勝つぞという雰囲気だったのに、ああいう結果になったのは本当に悔しいし、自分も何もできなかったのは悔いしかありません。いま手元にあるうっ憤を、次のヴェルディ戦に思いっきりぶつけるしかないと思っています」

その東京ヴェルディ戦は、リモートマッチではあるが、今季の栃木が開催する初めてのホームゲームとなる。
会場の栃木県グリーンスタジアムは、スクールからユースまで栃木SCに在籍してきた明本にとって”聖地”と言える場所。小学生や中学生の頃は会場のスタンド席に陣取り、トップチームの選手たちのプレーに熱狂する一人だった。

「グリスタは子どもの頃から憧れていたピッチだし、あの舞台でプロとしてプレーすることが自分の夢の一つでした。(今季栃木SCに同期加入した森)俊貴ともずっと『将来、必ずあのピッチに立とう』と昔から夢を共有しながらやってきたんです。それがついに実現するならば素直に嬉しい。チームはまだ得点が奪えていないし、思い入れのあるピッチで自分が初ゴールを奪うんだという強い気持ちで向かっていきたい」

連敗を止め、チームが勝つには、まずはファーストゴールを挙げること。それを誘発する明本の“聖地”での躍動が不可欠だ。

文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
7月5日(日)19:00KO 栃木グ
栃木SC vs 東京ヴェルディ
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (4.2)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集