【栃木 vs 金沢】“右サイドバック”大島康樹の挑戦「ポジティブにしか捉えていません」

2020年7月18日(土)


大島康樹が新境地に挑戦中だ。
昨季までフォワードとしてワンタッチゴーラーの異名をとった大島が今季、右サイドバックでのプレーに挑戦中だ。ときに選手をコンバートさせながら新たな能力を引き出そうとする田坂和昭監督のチーム作りの一環だった。

そして、ついにスタメン出場で出番がやってきた直近の千葉戦と大宮戦は零封勝利に貢献するだけでなく、右サイドからのフィードでチャンスメイクもこなすなど、田坂監督も「及第点」とするプレーを見せた。
「サイドバックは小さい頃も含めてプレーしたことがなかったのですが、2試合とも無失点で終われたことは嬉しい。何よりチームが勝てたことが本当に嬉しいです」

今季が始まると、プレシーズンから右サイドバックに挑戦してきた。出場機会に飢えていた大島は新たなポジションでのプレーに前向きだ。
「与えられた仕事をやるのがプロ。自分が試合に出られるポジションがあるならどこでもいいので、ポジティブにしか捉えていません。サイドバックで試合に出ている以上は守備で抑えるのは当然、アシストも求められるし、そこでも貢献できたらいいなと」

前節の大宮戦は正確な右足のフィードで何本もチャンスメイクに貢献。「キックの精度は柏レイソルのアカデミー時代からやり込んできたし、自分の強み」とする思いをさっそく体現した。
37分にはチームが左サイドで時間を作ったと見るやゴール前に侵入していき、クロスボールに対してワンタッチゴール! とはならなかったが、フィニッシュまでこぎつけた。
「ああいうシーンはFWの心がくすぐられます(笑)。点は獲りたいし、状況を見ながらですけど、今後もクロスには思い切って飛び込んでいければ」
最近はJリーグや海外の試合映像を見るときもサイドバックの選手が中心になった。ポジション取りや俊足アタッカーへの対応策など、研究に時間を割きながら、そして公式戦で経験値を積みながらレベルアップを試みる最中だ。

今節は3連戦の3試合目。直近2試合ではフル出場した大島もタフな戦いを強いられるが「全然大丈夫です」といい、掴んだチャンスを手放すつもりはさらさらない。
「自分は連戦だからと休んでいられる立場にないし、出られる試合には全部出たいんです。チームは連勝しているし、勢いのまま3連勝を狙います」


文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第6節
7月19日(日)18:00KO 栃木グ
栃木SC vs ツエーゲン金沢
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (4.2)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集