【名古屋 vs 柏】様々な“強敵”を前に立ちはだかる、中谷進之介というタフな守備者

2020年7月31日(金)


ゴール前の最後の壁となるには、相応の覚悟と責任感が必要になる。5回、いや10回のチャンスの一つを仕留めれば“勝ち”のFWとは対極で、DFに求められるのは10回すべてに“勝つ”ことで、一度の負けがチームの勝敗を左右する可能性は決して低くない。3戦連続無失点勝利中の名古屋のゴール前を守るのは、そうした熾烈な闘いにことごとく勝ってきた屈強のDFたちである。
 
しかし今回は相当な強敵が目の前に立ちはだかることになる。古巣との対戦を「小学校4年生から育ててもらったチームなので」と特別な想いをもって迎える中谷進之介も、その脅威に対してシンプルに警戒度を最高ランクに引き上げる。
 
「今、Jリーグで一番点を取っている選手なので、すごく気をつけないといけない。でも対策をした上で、それ以上を持っているというか。例えばクロス対応に気をつけようとなった時に、マークをしていてもその上からヘディングをできるような能力を持った選手なので。そこではボールを入れさせないとか、そういった部分も大事になってくる」
 
もちろん話題の対象はオルンガである。現在7試合8得点と手の付けられない猛威を振るう柏のモンスターの特徴を、中谷は「やっぱり“得点”じゃないですかね」と苦笑しながら付け加える。つまりは説明不要。大きくて速くて強くて、何より得点能力に長ける。1試合少ないながらリーグ最少失点を誇る安定の守備陣をもってしても、彼への対処法は練りに練る必要がある。昨季のJ2での試合もつぶさにチェックしていたチームとしての柏についても、「常にメンバーを入れ替えながら、その新しい選手が活躍しているイメージがある。あとは球際の部分であったり、そういうサッカーの原点にこだわる強いチーム」とやはり警戒心は緩めない。
 
ただし自分たちの状況は良くも悪くもつかめない。前節の広島戦は新型コロナウイルス感染症の陽性判定者がチーム内から出たことにより中止となり、休息と回復の時間は増えたが練習量は減った。今週に入って3度のチーム独自によるPCR検査を実施し、そのすべてで陰性が出たことで今節の開催には問題がなくなったが、全体練習は検査結果待ちだったため、しっかりと柏戦を見据えてトレーニングができたのは「今日(30日)からですね」とギリギリの調整になっている。一時は「自分が陽性だったらどうしよう、と不安になったのは正直なところ」と恐怖との戦いも経験した中では、メンタル面での厳しい戦いも彼らは経てきている。
 
だが中谷はそのプレースタイル同様にタフな男である。ネルシーニョ監督が70歳と高齢で、新型コロナウイルスに対して敏感になっているとの報道陣の指摘に対し、名古屋としての姿勢を問われる厳しい質問を受けても、落ち着いた口調ではっきりと答える。
 
「もちろん試合ですから勝ちにいかなければいけないというのが大前提で、グランパスから陽性者が多く出てしまったことで他のチームも不安になっただろうし、Jリーグ全体に迷惑をかけたというか…。そういう部分もあるので、もう一度しっかり、今まで徹底してきた感染予防対策以上に徹底をしていきたいです」
 
感染者に罪はない。この間の名古屋に連続した感染についても、スタッフ合わせて4人の間での感染拡大ではなく、濃厚接触によらないそれぞれの生活の中での罹患と所轄の保健所からの回答も出ている。名古屋グランパスは既に感染者を出してしまったクラブとして相当に厳しい行動管理をチーム内で行なっており、「ここまでやっても罹るのか」という恐怖心すら浮かんできているほどだ。その状況下で、図らずもチームを代表して回答することになった中谷の真摯な言葉は胸を打つ。
 
だからこそ、負けられない。そもそもにおいて、これは勝負として期するものがある。中断前から数えても現在無敗のチームは、昨季の反省も胸に今の戦いへのモチベーションを燃やしている。2019年もそうだった、と中谷は言う。序盤戦の快進撃は優勝争いを予感させたが、その後に失速。監督交代で何とか踏みとどまったほどの危機を味わった。その二の舞は御免とばかりに名古屋の背番号4は気合を込めるのだ。
 
「今までの流れを続けて、勝ちに持っていって、上位に食いつく。この順位をキープしなければいけないと思います。次の試合はすごく大事です。正直、去年もこういう感じでした。皆さんご存知の通りに。自分たちがそれを一番感じているし、最初の調子の良さを続けていくというか、中盤以降もしっかり…ダメになりそうな時にもしっかり踏ん張って、耐えてもう1回こういった良い時に持っていくというのも大事になる」
 
騒動があったからこそチームは試合に集中し、疑念を振り払うしかない。クラブもチームも選手もスタッフも、「その時のベストを尽くそう。その中でできる限りのことをして、自分たちで変えられるところは変えていこう」(フィッカデンティ監督)という思いの下に団結している。組織力が最大の武器である今季の名古屋だけに、それは苦しい時の“あと一歩”にもつながる力になるだろう。その体現者の筆頭として、中谷進之介はハードに闘い、タフな守りを披露してくれるはずだ。


文:今井雄一朗(名古屋担当)


明治安田生命J1リーグ 第8節
8月1日(土)18:00KO 豊田ス
名古屋グランパス vs 柏レイソル
豊田スタジアム(名古屋グランパス)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集