【長野 vs G大23】木村裕 攻撃でも守備でも全力を

2020年8月1日(土)


昨年途中から左サイドでのプレー機会が増え、4-3-3のシステムにトライしている今年も3トップの左が主戦場となっていた木村裕。しかしJ3第6節のYS横浜戦では3トップの中央で起用された。

本職はFWだがボールさばきはうまく、ドリブルでしかけることもできる。戦術理解度も高いことからMFとしても十分な働きを見せてきた。今年は開幕から得点できていないこともあり、本人も物足りなさを感じていたようだが、「なかなか彼の良さが出ていなかったので、思い切って中央で起用しました」との横山雄次監督の期待に、さっそく今季初得点という形でこたえた。YS横浜戦の直後には、「左サイドで試合に出ていたが、思うようにプレーできていなかった。(センターFWという)自分の一番得意なポジションで出て、楽しかったです」と話している。

昨年はケガもあり、試合出場は16試合に留まったもののチーム最多タイの4ゴールを挙げた。横山監督も得点源として大きな期待をかけており、木村本人もゴールへの強いこだわりを持っている。
しかし長野のチームスタイルは全員攻撃・全員守備だ。ペナルティーエリア内での仕事だけではなく、積極的にプレッシャーをかけるなど守備に尽力することも求められる。攻撃的なサッカーで知られるYS横浜に対しても、前線でプレッシャーをかけ続けた。
「チームとして守備についてはキャンプから取り組んできて、誰ひとり手を抜かずに積み重ねてきたので、(YS横浜のような)独特のサッカーをする相手にも戸惑うことなく落ち着いて対応できました」

攻撃でも守備でも全力を尽くすFWの活躍があってこそのホームゲーム3連勝。このG大阪U-23戦で、さらに連勝を伸ばすためにも木村はUスタのピッチを走り続ける。
「ホームには自分たちを応援してくれる方がいるので、最後まで力を出せる。これからも試合で100パーセントを出せるようにしていきたいです」


文:吉田義生(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第8節
8月2日(日)18:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs ガンバ大阪U−23
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集