【徳島 vs 山形】上福元直人、カムバック。

2020年8月1日(土)


リーグ戦再開となった第2節・愛媛戦(3●4)、敗戦ながら気持ちのこもったプレー連発で戦う気持ちをみせた上福元。だが、ゴール方向へ向かったシュートを防いだ際、ゴールポストに顔面をぶつけて負傷。残り時間もプレーは続けたが、翌節以降はベンチから鼓舞する役にまわった。

翌節の第3節京都戦(1△1)以降は代わって入った長谷川徹が「個人的には、前節(愛媛戦)で上福元選手が体を張ったプレーをしてくれて、今節(京都戦)に向けても100%の準備をしているのを見ていました。結果として自分が出場することになり、彼の分もしっかりと責任を持ったプレーで勝利を掴みたいと思っていました」と躍動。また、その後も17年最終節以来のリーグ戦とはまったく感じさせない神セーブ連発でチームの勝利に貢献し続けた。

しかし、今度は前節・北九州戦(0●2)で長谷川が負傷。映像を観る限り筋肉系のトラブルだった。そうであれば長期離脱も致し方ないが、上福元は「チームで勝つ。特にGK同士は一緒にいる時間が長く、ファミリーという感覚もすごくあります。そういう(負傷離脱した)選手の思いを自分も含めたGK3人で協力して、次の試合から乗り越えていきたいです。そういった選手の気持ちを背負ってプレーすることは重要なことだと思っており、チームを勝たせられる存在になっていかなければいけないと思います」と長谷川の意志を受け継ぐかのように気持ちを高ぶらせている。

GKとは、あらためて特別なポジションであると感じさせられた。1度ポジションを掴めば、余程のことがない限り選手が入れ代わることはない。だが、そういった前提がありながらも、GK陣を観ているとライバル心というよりも家族のような一体感が芽生えていくのがわかる。また、北九州戦では特筆すべき場面もあった。長谷川が担架で運ばれる中、昨季まで徳島でプレーしていたGK永井堅梧がわざわざ北九州ゴールからセンターライン付近まで駆け寄ってグータッチをした。こんな光景はなかなか見られるものではない。もちろん長谷川の人徳もあるとは思うが、繰り返しになるがGKとはやはり特別なポジションだ。

「徹君のチームを勝たせるプレーは勉強になり、(愛媛戦後は)自分にとって学ぶ時間になりました。次に誰が出場するかまだわかりませんが、出る選手がチームの勝利に貢献することを出していけるように。あらためてそういう気持ちになる時間でした」(上福元)。

強固な結束力で結ばれる徳島GK陣は、どんな相手にも屈さない。


文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
8月2日(日)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs モンテディオ山形
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集