【水戸 vs 金沢】村田航一 変化を受け入れ、新たな自分を作り上げる

2020年8月1日(土)


「プロになるまでセンターフォワード一本でやってきた」と語る村田航一。だが、今季はMFに挑戦している。

しかも、開幕戦では右MFとして先発したものの、リーグ再開後は主に左MFで起用されている。リーグ中断期間中は「右と左では体の向きが違うので大変」と語っていたものの、試合を重ねることによって、「だいぶ慣れてきて、頭の中の整理もできるようになりました。試合中に右から左にポジションが変わっても動じなくなりました」という。

前節甲府戦も左MFとして途中出場し、果敢に動き回って甲府の組織的な守備を崩していった。そして、終了間際に同点ゴールが決まり、同点に持ち込むことができたのだった。

センターフォワードだけではない。新たな「村田航一」が誕生しようとしている。
「プロになるまでずっとセンターフォワードとしてプレーしてきたので、最近自分の新たな強みに気づけるようになってきました。いろんなことができるに越したことはないので、何事にもポジティブにトライしています」と目を輝かせる。さらにこう続けた。
「サッカー自体がうまくなっているという実感があります。ポジションにとらわれることなく、プレーしています」
変化を受け入れ、新たな自分を作り上げていく。その喜びを感じながら、進化を遂げているのだ。

ただ、「僕が出た試合はまだ勝っていないんです」と苦々しい表情で口にした。だからこそ、勝利への思いは誰よりも強い。「まだ試合に出るかどうかはわかりませんが、試合に出たら、勝利に直結するような働きをしたい」

“新しい村田航一”が、今節チームを勝利に導く。


文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
8月2日(日)19:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs ツエーゲン金沢
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報