【YS横浜 vs 秋田】加入一年目。守護神を務めるGK大内一生の活躍が、YS横浜・躍進の鍵を握る

2020年8月1日(土)


前節・福島戦で今季2勝目を挙げたYS横浜。相手にリードされる展開となったが、宮本拓弥の今季4点目で同点とすると、終了間際に佐藤祐太が今季2点目となる決勝ゴールを挙げた。ただ、忘れてはいけないのがGK大内一生の活躍である。最後方からチームを支える守護神のパフォーマンスは、今後のチームの躍進の鍵を握っている。

大内のGKとしての特徴には、まず足元の技術が挙げられる。本人も「自分たちのスタイルはしっかりとGKからボールを繋いでいくいくスタイル。僕自身も、足元の技術には自信があるし、長所だと認識している」と話すように、積極的にビルドアップに加わるプレースタイルで、チームの攻撃に参加する姿が印象的だ。一方で、大内はGK本来の仕事、『ゴールを守る』という点においても、好セーブで幾度となくチームを救っている。前節・福島戦の中でも、安定したゴールキーピングにも光るものがあった。

YS横浜のボールを繋ぐスタイルは、最終ラインを高く設定し、敵陣でフィールドプレーヤー達が長い時間プレーするもの。だから、相手にカウンターを受けた時などは、GKの大内にとって数的に不利な状況となるリスキーな一面を持っている。ただ、大石自身も「(相手に)カウンターを受けてしまう危険性はもちろんある」と守備時のリスクは認めた上で、「ボールの取られ方にさえ気を付ければ、防げる失点はあると思っている」と対処法を強調。「チームが上手くいっている時は、自分も上手くいっている感覚がある」とフィールドプレーヤーたちと呼吸を共にして、相手の攻撃に向き合っていく覚悟だ。

ジュニアユースから所属する横浜FCより期限付き移籍したチーム加入一年目のエリートGK。今季開幕から主力として全試合に出場している守護神が、今後のチームの成長を促進させていくに違いない。大内の活躍に、ぜひとも注目だ!


文:岩波陽平(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第8節
8月2日(日)17:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs ブラウブリッツ秋田
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.9)
アクセス (3.6)
イベント充実 (2.7)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (2.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報