【栃木 vs 岡山】全員守備の中心、GK川田修平。「GKチームでゴールにカギを」

2020年8月11日(火)


栃木SCは前節、レノファ山口に1対0で勝利。先制したあとは堅い守りを構築、これで3試合連続で無失点となった。山口戦の74分には相手の決定機をGK川田修平が左手の先でビッグセーブ。最後の砦となって立ちはだかった。
「フィールドの選手たちが本当にハードワークをしてゴール前でも身体を張ってくれている。そこでカバーしきれない部分を僕が最後にカバーするという意識で戦っているので、それがうまくいっているのでは」(川田)

今の川田はシュートストップの他にも、クロス対応やCK対応の守備範囲の広さも目を見張るものがある。相手の危険なクロスが入ってきてもサッと川田が飛び出してキャッチングやパンチングで事なきを得るシーンがどれだけ多いことか。
これは昨季栃木に所属した元韓国代表GKのユ・ヒョンの守備範囲の広さに衝撃を受けたという川田が努力して習得したもの。
「クロスボールの対応は昨季、ユ・ヒョンから学んだことが大きく、それを昨季の最終盤の公式戦で発揮できたことが大きな自信になっているし、これはもう自分の武器にしてもいいのではと思えるくらいになっています。今季のチームはしっかりとした守備から入るというスタンスなので、リスタートやクロスボールから絶対にやられたくないし、自分が前へ出ていけばピンチはかなり減るという思いでプレーしています」

そして今季の栃木にはJ1での経験が豊富な塩田仁史が加入。川田は現在、塩田のコーチング力、ゲームコントロール力、イレギュラーな状況への対応力などを学びながら実戦でも活かそうと再びレベルアップを模索している最中にある。
「今年の初めの目標は年間通して試合に出ることでしたが、簡単ではないとわかっていました。先日オビも加入しましたが、栃木にいるGK陣はみんなレベルが高いし、競争に勝つのは簡単ではないと実感しています。その中で、昨季のプレーをしているだけでは試合に出られないし、いかにプラスαを付け加えていくのか。新たなスキルを学びつつ、いかに自分のものにできるかという勝負だと思っています」

10試合を消化した時点の栃木の失点数は6と守備が堅調だ。川田は「毎試合やるべきことをやっていけば結果は付いてくる」といい、こう意気込む。
「失点が少ないチームは上位に行けると思うし、失点が少ないことはいいことです。個人的にも試合数より失点数を少なくしたいという思いはあるので、引き続きチームで一体感をもって闘いながら、最後はGKチームでゴールにカギをかけて守るということを今後も続けていきたいです」


文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
8月12日(水)19:30KO 栃木グ
栃木SC vs ファジアーノ岡山
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (4.2)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集