【今治 vs 富山】守備崩壊のピンチを救った“もう一人”の今治の岡田

2020年8月22日(土)


前節、今治は敵地で沼津相手に苦戦を強いられるも、数少ないチャンスをモノにしてウノゼロ勝利。3戦ぶりの勝点3を獲得した。

この沼津戦で決勝ゴールを決めた桑島良汰を差し置き、リュイス プラナグマ監督が最高殊勲者と名指ししたのはGK岡田慎司。平松遼太郎とともにこの試合でJデビューを飾ったばかりのチーム3年目の地元出身選手である。

「(Jデビューを飾った)2人にはおめでとうと言いたい。中でも岡田慎司。この試合で相手の決定機を2、3本止めてくれて嬉しく思う。チームは桑島のゴールで試合に勝ったが、この試合の殊勲者は岡田慎司だと思っている」(リュイス監督)

チームはこの沼津戦で守護神・修行智仁をけがで欠いただけでなく、守備の要DF園田拓也も欠場。ここまでチームの堅守を支えてきた二人の不在に加え、試合はキックオフ直後から沼津に押し込まれる苦しい展開だった。しかし、再三にわたってピンチを迎えるも、その都度ゴール前で敢然と立ちはだかったのが岡田。Jデビュー戦とは思えぬ落ち着いたコーチングで守備陣と連係し、枠を捉えたシュートにはビッグセーブで体を張った。

「一つひとつのプレー。1分、1秒、集中し、自分のやれることに集中してやろうと意識していた」

絶対的守護神の影に隠れてはいたものの、岡田は今季全試合でベンチに入り、いつ出番が訪れても良いように準備をおこなってきた。

「個人としては、今季J3でNo1ゴールキーパーになるという目標を立てて練習に取り組んでいる。そのために必要な練習、準備をしているし、メンタルもブレずにやってきた」

Jデビュー戦で岡田が見せたパフォーマンスは見事と言うほかない。しかし、GKというポジションは調子の波があってはいけない特殊なポジション。単発のパフォーマンスよりアベレージが求められることを考えれば、その真価が問われるのはこれからである。

今節はホーム戦であると同時に、岡田にとって地元・愛媛でJリーガーとしての初舞台でもある。今治の“岡田”はオーナーだけじゃないということをファン、サポーターに知らしめたいところだ。


文:松本隆志(今治担当)


明治安田生命J3リーグ 第11節
8月23日(日)15:00KO 夢スタ
FC今治 vs カターレ富山
ありがとうサービス.夢スタジアム(FC今治)
みんなの総合評価 (4.8)
臨場感 (5.0)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (2.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集