【福岡 vs 山口】ゴールを求めてピッチに立つ東家聡樹。その瞬間を見逃すな!

2020年9月4日(金)


第10節にJリーグデビューを果たして以来、7試合連続出場中。当初は右SHでの起用だったが、前節の千葉戦では本来のポジションである2トップの一角としてピッチに立ち、着実にプロ選手としての道を歩んでいる。だが、満足はしていない。

「千葉戦は自分の弱さというものが明確に表れた試合。ハイボールが多い試合でヘディングの競り合いで何度も負けてしまってチームを助けられなかった。後半には(木戸)皓貴君からのスルーパスに対して頭は反応していても体が動かなかった。試合体力がまだついてきていない。ここまで7試合に出て無得点というのは本当にプロとしてどうかと思う。与えられたチャンスをしっかりとものにしていかないといけないと感じているし、悔しい想いが強い」

アビスパU-15、U-18を経て中京大学に進学。1年生の時に、福岡が昇格を逃したJ1昇格プレーオフ決勝戦を見て、その悔しさを晴らすために福岡への加入を強く決意したのは多くの人に知られるところ。陸上部のトレーニングを取り入れてスピードを身に付け、アカデミー時代から定評のあった技術を磨き上げ、東海大学1部リーグ得点王の称号を手に福岡に帰ってきた。

ゴールへの強い意欲と無類の負けず嫌いで知られ、大学時代には「FWなら3点は取らないといけない」という想いでピッチに立ち、得点後に交代を命じられると「1点や2点取ったくらいでなんで代えるんだ」と食って掛かっていたと話す。そんなゴールへの意欲は今も変わっていない。
「具体的な得点数というのは考えていないが、毎試合、毎試合、ゴールを取ることが大事。その積み重ねが数字になって表れる。常に目の前の試合でゴールを決めるということを考えて試合に臨んでいる」

そして、自分を見つめる冷静な目も併せ持つ。加入直後に語っていたのは、決して焦らないということ。まずはプロに通用するフィジカルを鍛え、プロの水に慣れ、少しずつ試合に絡んでいければいいと話していた。そして、プロ入り後には線が細いと感じられた身体を鍛え上げ、仲間の活躍にも刺激されて、公式戦の舞台に立つ機会を手に入れた。次なるテーマはJ初ゴール。そして、ゴールを取り続けることだ。

技術の高さと裏に抜けるスピードを持ち、自分でチャンスを作ることもできれば、チャンスの場面に顔を出すこともできる。いわばオールマイティタイプのFW。非凡な才能はプレシーズンの宮崎キャンプの時から見て取れた。その特徴を発揮できる舞台を与えられた今、次へのステップを踏むべく東家聡樹はピッチに立つ。


文:中倉一志(福岡担当)


明治安田生命J2リーグ 第17節
9月5日(土)19:00KO ベススタ
アビスパ福岡 vs レノファ山口FC
ベスト電器スタジアム(アビスパ福岡)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (4.3)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報