【栃木 vs 徳島】史上初となる西谷ツインズ決戦。結果を残すのは兄・優希か、弟・和希か。

2020年9月8日(火)


栃木のホームで西谷ツインズ(栃木の兄・西谷優希と徳島の弟・西谷和希)の初対決が実現する。二人の地元の益子町は今節に向けてポスターを大々的に張り出すなど町中が大盛り上がりだ。

兄・優希は今季の徳島をこんな目線で見ている。
「カズ(弟・和希)が出ている徳島の試合は全部観ているし、カズのプレーを中心に観ています。カズのことを僕はたぶんファン目線で見ています(笑)」
兄・優希は飾らない朴訥な性格の持ち主。弟・和希はやんちゃ系。兄・優希はボランチで周りを活かすタイプ。弟・和希はゴリゴリのドリブラーで周りに活かされるタイプ。西谷ツインズは正反対の側面を持ち合い、それでいてお互いを補うようにツインズを成している。

普段はほとんど連絡を取らないという。
「親を通じてカズの様子をまた聞きしている程度。あまり近況を伝え合っていると甘えが出てくるので意識的に連絡は取らないように。でもカズがゴールを奪っても、僕がゴールを奪っても、お互いに刺激になっているのでね」(兄・優希)

昨季まで二人は実家で家族とともに生活し、近くの公園で1対1、自宅では体幹トレーニングなどで切磋琢磨し合ってきたが、今季はそれぞれが別の道に進むことになった。
「マイナス面は二人でやっていた1対1のトレーニングができなくなったこと。プラス面は、昨季まで研究熱心なカズのトレーニングの知識などを共有させてもらっていたのを今季は自分でとことん調べるようになったこと。カズから自立できたことかな(笑)」

徳島でプレーする弟・和希は開幕戦でハットトリックを達成。その後も徳島のキーマンとしてゴールとアシストを量産中だが、兄・優希は「今季のカズは相当結果に拘っているみたいだし、実際、カズのドリブルはドリブルだけに終わらずに結果に繋がっているのがいいと思うんです」と弟の活躍を喜びつつも、受けた刺激を原動力に自身の力に変えてきた。

兄・優希は開幕後はなかなか出番がなかったが、課題とするフィジカル面の能力アップを果たすと、8節ザスパクサツ群馬戦からスタメン出場を果たすとがっちりとレギュラーの座を離さなかった。15節ヴァンフォーレ甲府戦ではプロ初ゴールとなる決勝ゴールを決めると、続く16節ギラヴァンツ北九州戦では2試合連続ゴールを記録した。もはやチームに欠かせないボランチとして君臨するようになっている。

心身ともに充実した状態で迎える今節、初となるツインズ決戦を前に兄・優希は言う。
「兄弟で同じピッチに立ってプレーできる喜びがありますね。カズとは一度敵として戦ってみたい気持ちもあったので、対戦が実現したら素直に嬉しいし、楽しみでいっぱいです。それにチームも前節いい勝ち方をしているし、いい雰囲気のまま試合に入っていけると思います」

二人はお互いのことを「永遠のライバル」と話している。離れてなお切磋琢磨し、共鳴し合い、成長し続ける西谷ツインズの初対決。
チームを勝利に導くのは、兄・優希か、弟・和希か。


文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第18節
9月9日(水)19:00KO 栃木グ
栃木SC vs 徳島ヴォルティス
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (4.2)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報