【FC東京 vs C大阪】圧倒的走力で貢献度大のFW永井謙佑 「全然満足していない。もっと得点は取らないと」

2020年9月22日(火)


ボールが居場所を変える度に、永井謙佑はひたむきに走り続ける。前節のベガルタ仙台戦も終盤に途中出場すると、その足でチームを助けた。

「めちゃくちゃキツかったです。短い時間で連続して動いていたので、酸欠気味になった。みんな時間帯的にも疲れていた。1-0で1-1になるのは絶対に嫌だったので、2度追い、3度追いを続ければ、こっちのボールになると思ってやっていた」

チームメートの足は止まりかけていた。それを鼓舞する背番号11の走りに、どれだけ仲間が勇気づけられたのだろうか。

「今シーズンは2度ロスタイムに追いつかれていた。自分が出る時間もそういう時間だったので、そこは意識して今回は入りました。チームとしての狙いもあるし、そこをしっかりピッチで表現することは大事。そういうことも含めていつもプレーしている」

1-0で勝利を飾った、この一戦でも、その走りで大きく貢献した。だが、今季はここまで1得点。その数字に永井は「全然満足していない」と首を横に振る。

「もっと得点は取らないといけない。怖いゾーンにも飛び込んでいかないといけない。守備のスイッチだったり、ポジショニングで、後ろのハメ方も変わってくる。そういうところも意識してやらないといけない」

2018年から永井がゴールを決めた試合は14連勝の不敗神話は継続中。それは、あれだけ必死に走ってゴールも奪うからだろう。チームメートもその頑張りに応えようと、体を張ってゴールを守り、勝利に向けて前進する。その幸福な関係が、不敗神話の理由だと、僕は思う。

永井は「後半戦で取り返したい」と、吐き出す。勝負の後半戦。背番号11は、必死にゴールとボールを追いかける。それが勝利への近道と信じて。


文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 第18節
9月23日(水)19:00KO 味スタ
FC東京 vs セレッソ大阪
味の素スタジアム(FC東京)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.6)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報