【明治安田J2 第26節】三木直土のJリーグ初得点でジュビロ磐田が9試合ぶりの勝利!アビスパ福岡は連勝を11に伸ばす!

2020年10月14日(水)

栃木 0-1 山形|栃木県グリーンスタジアム

連勝を目指すモンテディオ山形は29分にヴィニシウス アラウージョの2試合連続弾で先制すると、栃木SCの攻撃を0点に抑え、2試合連続となる無失点勝利を飾りました。

大宮 0-0 千葉|NACK5スタジアム大宮

2試合勝利がない大宮アルディージャと3試合勝利がないジェフユナイテッド千葉の一戦は、両チーム合わせて11本のシュートが生まれるも得点には至らず。痛み分けとなりました。

町田 3-0 京都|町田GIONスタジアム

ここ8試合勝利がないFC町田ゼルビアは、試合開始早々の4分にオウンゴールで先制すると、48分には髙江麗央のロングシュートが決まり2-0。その後も1点を加え、京都サンガF.C.に3-0。久しぶりの勝利を快勝で飾りました。

甲府 3-2 北九州|山梨中銀スタジアム

取っては取り返す展開が続いたヴァンフォーレ甲府とギラヴァンツ北九州の一戦は88分、ジュニオール バホスからのボールを武田将平が頭で合わせてゴールネットを揺らす!これが決勝点となり、ホームの甲府が8試合ぶりの勝利を手にしました。

松本 2-2 水戸|サンプロ アルウィン

1点ビハインドで後半を迎えた水戸ホーリーホックは、52分、56分に中山仁斗の得点が決まり逆転に成功するも、ホームの松本山雅FCも負けじと阪野豊史の得点で同点に追いつき、互いにしのぎを削った一戦は勝点1を分け合う結果となりました。

新潟 1-2 福岡|デンカビッグスワンスタジアム

3連勝中のアルビレックス新潟と10連勝中のアビスパ福岡の一戦は、1-1で迎えた71分、福満隆貴が得点を決め福岡が勝ち越す。これが決勝点となり福岡が11連勝を飾りました。

金沢 4-2 山口|石川県西部緑地公園陸上競技場

ホームのツエーゲン金沢は同点とされた直後の62分、途中出場の杉浦恭平が値千金となる勝ち越し弾!後半アディショナルタイムには同じく途中出場のホドルフォが勝利を決定づける得点を決め、レノファ山口FCに4-2で勝利を収めました。

岡山 1-1 徳島|シティライトスタジアム

ホームのファジアーノ岡山は1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム、途中出場・齊藤和樹の得点が決まり土壇場で同点に追いつく!試合はこのまま終了し1-1。徳島ヴォルティスにとっては痛いドロー決着となりました。

愛媛 1-4 東京V|ニンジニアスタジアム

共に前節敗戦。是が非でも勝利が欲しい愛媛FCと東京ヴェルディの一戦は、今季初先発の新井瑞希が2分に得点を決め東京Vが先制に成功すると、30分には高橋祥平、45+3分には小池純輝の恩返し弾も決まり前半のうちに3点のリードを得る。後半にも1点を加えた東京Vが愛媛の反撃を1点に抑え4得点快勝を収めました。

琉球 0-1 群馬|タピック県総ひやごんスタジアム

アウェイのザスパクサツ群馬は0-0で迎えた64分、内田達也の移籍加入後初得点が生まれ、先制に成功するとこれが決勝点!FC琉球に無失点勝利を飾り、3試合負けなしとしました。

磐田 1-0 長崎|ヤマハスタジアム(磐田)

お互い得点を奪えずスコアレスで試合を後半を迎えたジュビロ磐田とV・ファーレン長崎の一戦は47分、磐田がCKのチャンスを獲得。遠藤保仁があげたボールをルキアンが競り合い、最後はこぼれ球に反応した三木直土がJリーグ初得点を決めて先制に成功!これが決勝点となり磐田が9試合ぶりとなる勝点3を手にしました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?
みなさまの投稿をお待ちしております!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集