フォト

京都サンガF.C.編:2015喜怒哀楽

©J.LEAGUE PHOTOS

京都サンガF.C.編:2015喜怒哀楽

2015年12月24日(木)

今季のJ's GOAL年末企画は“2015喜怒哀楽”。全52クラブの担当ライターが3つの視点から2015シーズンを振り返ります!

■2015クラブトピックス
1人の選手の決断。サポーター、クラブの大きな喪失感。そして門出を温かく祝福
中山博貴の引退。
今季の京都は成績、辞任、移籍など多くのトピックスがあったが、振り返るとヒロキのこの決断が一番インパクトがあったのではないか。「京都で始まり、京都で終える」。簡単そうでなかなかできない。能力の高い選手は多くいたが、能力が高いが故にクラブを去っていく。サポーターに愛された選手もたくさんいるが、クラブ側が最後まで必要とするかどうかはまた別のこと。そういう意味で、ヒロキは本当に「京都にとって特別な存在」だった。
まだ続けられるんじゃないかといろいろな人から言われていたそうだが、明治安田生命J2リーグ最終節後の挨拶で「僕の膝はもうボロボロでした」と声にした時、聞くほうも胸に込み上げてくるものがあった。京都のために恩返しをしたいと言ってくれたのは喜ばしいことだ。サポーターやクラブが選手を大切にし、その選手から恩を返したいと申し出がある。素直に、喜ばしいと思う。

Reported by 武田賢宗

京都サンガF.C.編:2015喜怒哀楽 その他のトピックスも読む

フォトコメント(件)